夢の解釈

欲望の成就のための主への非常に強い祈り

Pin
Send
Share
Send
Send


私は祈りの力が望ましい出来事を生き返らせるのに役立つと信じています。ですから、今日、私はあなたの夢について正しく主に尋ねる方法をお教えします。

希望のパフォーマンスのための祈り

秘密の欲求を満たすことは、多くの人々の大事な夢です。きっと誰もが魔法の杖の所有者になることを夢見ていました。結局のところ、その助けを借りて、あなたはあなたが望むものを得ることができました。しかし、人々が夢見るような魔法は起きていません。そしてそれは彼らを単にあきらめさせ、夢を見ることさえ止めさせます。結局のところ、彼らは彼らが何年もの間望んでいたことが起こることを無駄に望んでいるのではありません。それはそんなに早くあきらめないではありません。

希望するものを現実にする方法があります。そしてこれを得るために、人は助けを求めて暗黒の勢力に向きを変える必要はありません。祈りを使うのに十分です。これらの祈りのテキストは天からの真の贈り物です。結局のところ、それらを読んだ後、人はある種の秘密の欲求の実現を求める機会を得るでしょう。

そしてそれは多くの時間はかかりません。祈りを使うことにすでに成功した人々は、その欲求は一日で成就すると主張します。これらは本当に何年もの間誰にも知られていなかったという非常に強い祈りです。彼らはほとんど瞬時に欲望を満たしましたが。しかし、今ではテキストは人々に利用可能になっています。しかし、そのような魔法が本当に可能であると信じることを拒否する人もいます。

祈りまたは陰謀:天国を怒らせないためにはどうすればよいですか。

すぐに一つの重要な予約をする必要があります。事実は、何人かのクリスチャンは祈りと陰謀の間に等号を置くということです。それらの間に共通点がないので、これは間違っています。

祭司たちは陰謀を使って他の人たちにそうするように勧めている人たちに対して非常に否定的です。結局のところ、陰謀は暗い魔法です。魔女がどのように自分自身を正当化しようと試みても、彼らは彼らが望むものを手に入れるために悪魔自身の力を使います。あなたがそれについて考えるならば、すべての陰謀はただ特定のテキストを読むことではありません。人が陰謀の読みを儀式に変えることを観察して、多くの要求があります。そして儀式は、知られているように、正統派とは全く関係がありません。これは異教文化についての詳細です。

そのため、聖職者は人々が望んでいることを達成するために特定の陰謀を使用することを厳しく禁じています。この場合、多くの祈りのうちの1つのテキストを使うことを考えるのがはるかに良いです。結局のところ、その助けを借りて、人は天国に向きを変え、慈悲を求めることができます。

祈りを100%保証と呼ぶことはできません。言い換えれば、それはあなたの要求をMost Highに表現するための唯一の方法です。しかし同時に、要求が必ず聞かれるとは誰も言わない。

なぜ祈りが役に立たないのか

多くの場合、慈悲を求めている人は困難な状況にありますが、助けを受けていません。そしてその理由はたくさんあります。神の道は不可解であることを忘れないでください。欲しいものを受け取っていない人は、今のところ準備ができていないかもしれません。

奇妙なことに、天国のそのような無関心は時々うまくいく。自分の運命がどのように変わるのかを正確に知ることは人間には与えられていないからです。つまり、願い事が成就した後に、彼に何が起こり得るのか誰も知らない。たとえば、怠慢な従業員が昇給、キャリアの成長、そして金持ちになったことを要求すると、強盗の犠牲になることがあります。

それゆえ、主への訴えの直後に、欲望が必ず満たされると考える必要はありません。しかし、この場合、多くの人が質問をする可能性がありますが、それではなぜそれでもまったく尋ねないのですか?これはあなたが間違いなく利用するべき機会です。特に人が正しい人生を送ったならば、主の戒めを破らないでください。それから、天が彼らに向けられた要求を聞き、そして人に幸せをもたらすためにそれを満たすという可能性は非常に高いです。

正しい人生と欲望の成就

正しい人生についての言及は偶然ではなかったことに注意してください。多くの場合、人々は主が彼らに一定の戒めに従って生きるように命じられたことを忘れています。違反した人は罪人と見なされます。

ある人が罪人であることについて考えさえしないかもしれないときの簡単な例を挙げましょう。雨天の中で仕事に行き、ゆっくりしたくない気が利いていない、あるいは無礼な運転手に水浸しにされて、水たまりに追いやられて、人は呪います。そしていつも精神的ではありません。

時々、運転手に送られたこれらの誓う言葉は地域全体を聞きます。そしてここで彼は最初の邪悪な言葉です。結局のところ、聖書には人々が誓う言葉を使うべきではないという行が含まれています。その結果、考えさえしないで、莫大な数の現代人が罪人になります。

そして、人が罪人であるならば、たとえ強い祈りが一日で欲求を満たすために使われたとしても、彼は天が彼を助けてくれるという事実を当てにすることはできません。別のこと、人が自分がミスを犯したことに気付いてそれを訂正しようとした場合。したがって、Most Highについて尋ねる前に、その人が助けに値するかどうかを検討する必要があります。人はこの質問に自分で答えなければなりません。そして答えは正直でなければなりません。

クリスチャンが罪を感じるならば、彼は彼の精神的な指導者と会い、罪の償い方を学ぶ必要があります。彼の罪を悔い改めて償うなら、正統派は主の助けを受けるに値するでしょう。

記述的欲求:欲しいものを手に入れるには?

側面からは、具体化は、主が祈りの要求を満たすかどうかにいかなる影響も及ぼさないように思われるかもしれません。しかし、そうではありません。まず第一に、人は自分の欲望を正しく定式化できなければならないからです。記事の上でそれが人がこれのために準備ができていないならば時々Most Highが欲求を満たすことを拒むことが述べられました。しかし、ほとんどの場合、天国の無関心は異なって説明されています。祈りを捧げる人が自分の魂が何を望んでいるのかを自分自身が正確に知らないのであれば、そのような望みを満たすことが理解できなくなるのはなぜでしょう。

ですから、主の恵みを受けるためには、あなたの目標を明確に定式化する必要性を覚えておくことが非常に重要です。さらに、あなたはその人が何を必要としているのかを厳密に尋ねる必要があります。たとえば、病気の人は治療のためにお金を要求しても、重要な給付金を要求することはできません。この場合、回復したいという望みがより正確になります。結局のところ、天はこの要求を満たすことができ、同時にクリスチャンが金持ちになることは絶対に必要ではありません。

私は何を尋ねることができます

欲望自体が何かになり得ることは注目に値します。あなたはさまざまなことについて尋ねることができます。

  • 病気からの癒しについて
  • 愛する人の福祉について
  • 幸せな結婚について。
  • 子供、親戚などの幸せについて。

すべての要求は、それが誠実であれば、きっと聞かれるでしょう。特に、彼女が自己奉仕ではない場合。結局のところ、そのような要求は単に満たされていません。彼らは自分の欲を見せる危険を冒している人、主の憤りをもたらすこともできます。したがって、そのような要求を避け、あらゆる点で物質の濃縮に関する考えを排除することをお勧めします。

人がお金を必要とするならば、あなたはただ慈悲を頼む必要があります。そして全能者が幸福の向上が彼の創造のために本当に必要であると考えるならば、そのような慈悲は彼に与えられるでしょう。

祈りを読む前の儀式

この儀式は、陰謀を読むことが慣習的であるという事実とは何の関係もありません。彼の唯一の目的は祈りを読むことになる人々を助けることです。言い換えれば、この単純な儀式は、祈りを読むすべての人々によって行われ、望ましいやり方で調整されるべきです。

  1. あなたがあなたの欲望を表現する前に、あなたはそれについて考える必要があります。おそらくクリスチャン自身は、この欲求が真実ではないことを理解していません。
  2. 人が尋ねたいと決心しているならば、彼は文字通りこの欲求を視覚化するべきです。例えば、それが病気から回復することになるならば、彼がどのように診療所から退院するか想像してください。
  3. 夢がすでに実現した瞬間を正確に表すことが非常に重要です。人々が単に夢が叶う方法を正確に想像すると、これはよくある間違いです。いいえ、あなたは希望するものがすでに受け取られていることを想像する必要があります。
  4. 一枚の紙に書いて欲しいというのは、正しい心の中でのみお勧めです。たとえば、人が大きな喜びを経験したときなどです。

最後の項目に注意してください。それ自体が非常に強い祈りを読んだ後に願いを叶えるには、あなたはそれを小さな一枚の紙に書き留めて、いつもあなたと一緒に運ばなければなりません。これは欲求が満たされる瞬間まで行われるべきです。

この葉を失うことは非常に望ましくありません。祭司たちは、欲望による葉の喪失は上からのサインであると主張します。このように、主は近い将来には秘密の欲求が満たされないことを示しています。

結論

  1. 主だけが願いを満たすことができます。
  2. 全能者とコミュニケーションをとることは、陰謀のテキストを使用することを固く禁じられています。
  3. 主の恵みにふさわしいものとなるためには、尋ねる者は正しい人生を送るべきです。
  4. 至高になる前に、人は罪を贖って悔い改めなければなりません。

Pin
Send
Share
Send
Send